戻る


秀の杜のドメインを偽装した悪質迷惑メールに関してのお知らせ
このようなメールが***@hidenomori.comから届くという苦情が相次いでいます


こういった広告メールは送信者などが「偽装」されています
送信者のメールアドレス、送信停止送付先のメールアドレス、そして注文先のメールアドレスは偽装されています。メールに***@hidenomori.comの記載があっても当サイト並びにhidenomori.comのメールアドレス利用者は全くの無関係です

では誰が送っているのか
送信者は不明です
 Saraの実体験から説明します。12月下旬、一切第三者に公開していない私のプロバイダのメールアドレスが送信者として表示され、上記のような迷惑メールを自分で受信しました。もしかしたら何かに感染し、知らずに自分のパソコンがこういったメールを送信している可能性を危惧し、その場ですぐにプロバイダに問い合わせ、以下のような返答を頂きました。


  1. お客様がそう言ったメールなどを大量に送信したログ、痕跡はございません。
  2. 悪質ななりすましメールです。大変申し訳ありませんが、現行では対処のしようがございません。
  3. 最近このような問い合わせが多く、多数の方が迷惑を被っています。
  4. 何故送られるのか、何らかの悪質プログラム(ウィルス)に感染して送られるのか、人為的なものなのか、原因が分かっていません。
  5. (原因が分からない以上)プロバイダとしてはメールアドレスを変更していただくか、フィルタリングや受信拒否をメーラーで設定していただくようにお願いするしかない状況です。


メールヘッダで確認
メールのヘッダを見れば、そのメールがどのようなプロバイダを経由して送信されてきたかがわかります。以下、Windows用のOutlookExpress6.0を例に、メールのヘッダの見方を説明します。

  1. OutlookExpress6.0で、広告メールを右クリックしプロパティを開きます。

  2. ヘッダの見方


  3. 詳細タブをクリックします。

  4. ヘッダの見方

  5. この画面がメールヘッダと呼ばれる情報です。

     見づらい画面ですが・・・Receivedの項目が経由しているサーバーで、Receivedの一番下から読んでいきます。この例でいえば「最初に発信されたメールサーバー(例ではhogehoge.com)」からメールが発信され、いくつかのメールサーバーを経由し、Receivedの一番上の「受信したメールサーバー(大抵は自分のプロバイダ、例ではprovider.ne.jp)」に届きます。
     つまり「最初に発信されたメールサーバー」のhogehoge.comからメールが発信された事になります。ここがhidenomori.comであれば秀の杜のサーバーから発信された事になりますが、現在そのような広告メールは発見されていません


Return-path: <abc@gisou.co.jp> ←送信エラー時の報告先メールアドレス(偽装)
Received: from provider.ne.jp (provider.ne.jp [123.456.789.0]) ←受信したメールサーバー(自分のプロバイダ)
by provider.ne.jp
with ESMTP id <0HOM003MMYVOSK@provider.ne.jp>; Tue, 23 Dec 2003 11:55:49 +0900 (JST)


省略(本来は経由したReceivedがいくつか記載されています)


Received: from 12.3.45.6 (d12-3-45-6.hogehoge.com [12.3.45.6]) ←最初に発信されたメールサーバー(本当の送信者?)
by www23.dns.ne.jp (8.11.6p3/8.11.6/2002.11.20) with SMTP id hAK5o1f78730; Tue,
23 Dec 2003 11:55:47 +0900 (JST)
Date: Tue, 23 Dec 2003 11:01:06 +1000 ←メールの送信日時
From: Daniel <hide@hidenomori.com> ←差出人のメールアドレス(偽装)
Subject: America iyzmew ←メールの件名
To: hide@hidenomori.com ←宛先のメールアドレス(偽装)
Reply-to: hide@hidenomori.com ←返信先のメールアドレス(偽装)

迷惑メールを受け取ったら
  1. 迷惑メールを受け取ったら・・・

  2.  返信や送信停止依頼メールを送信せず、無視して捨ててください。上記で説明したように、送信者のメールアドレスも本文に記載されているメールアドレスも、偽装された無関係の人ですので、無用なトラブルを起さない為にもそのまま削除して頂くのが得策です。どうしても問い合わせを行なう時は、送信者のメールアドレスが偽装されている事を想定し、暴言にならないように配慮した問い合わせを行なってください。

  3. できるだけ受け取らない対処法

  4.  これはメールを偽られた方と同じで、全ての迷惑メールを削除できませんが、ある程度の迷惑メールを読まずに削除できますので、メールソフトやセキュリティソフトなどで送信禁止指定やフィルタリング機能を使用してください。(具体的な方法はメールソフトによって異なりますので、マニュアルを参照するか各サポートセンターなどにお問い合わせください)


 この件につきまして、申し訳ありませんが・・・当サイトの両管理人にお問い合わせ頂いても、この説明ページ以上の説明はできません。(これ以上の情報、対処法などを知り得ていないためです)

baner 左記のような情報サイトもありますので、ご参考ください。特に[スパム編]の[FAQ]は非常に参考になります。迷惑メールが届いた方、送信者として偽られた方、一度見てみてはいかがでしょうか。
(こちらの[スパム編]>[ケーススタディ]>[スパマー日本代表たち]>[ムラカミ(違法コピーソフト宣伝)]と辿って行くと、今回の迷惑メールが紹介されています)


戻る